ホーム > 雑誌・書籍 > 自然人 > 第47号

自然人 第47号

北陸の自然や環境を感じる「エコな旅のすすめ」



生態系や環境のこと、つまりエコロジーをちょっぴり意識できるような、こだわりのある北陸のお出かけを提案します。ご近所でも視点を変えると新しい発見があり、身近なところなのに遠くにでかけたような充実感を味わえるでしょう。

  • 人と自然のつながりを感じることが面白い! その題材はご近所に無限にある 森田 由樹子
  • お気軽お手軽に楽しめる冬ならではのエコバードウォッチング 高橋 輝男
  • よく晴れた冬の朝、チンダル像を探しに行こう 神田 健三
  • 人間と自然が一体になれるバイコロジーのすすめ 鶫 謙一
  • 魚にやさしく、人においしい越中式定置網を感じに行く 平田 淑江
  • 木と水の恵みに守られた紙の里を歩く 中川 智絵
  • 奇跡の湖で縄文時代のある日に出かけてみる 小島 秀彰
  • 冬の足羽山で春のきざしを探す 梅村 信哉、中村 幸世、鈴木 聡
  • 地球環境を守るおいしいコーヒーを飲みに出かけよう 白山商工会
  • 1個30円で地球のエネルギーを体感する旅へ 自然人編集部
  • 池のほとりのレストランで風土を表す一皿を食す 自然人編集部
  • 自然人的文学の小窓 散歩 西本 陽子

表紙写真/木村芳文(兼六園・冬のライトアップ)

  • 里山のいのちの営み 森 勝彦

    写真家・森勝彦さんが、フィールドを里山に移して、さまざまないのちの営みを撮りおろします。撮影時のエピソードなどをつづったエッセイと合わせ、独自のカメラアイでとらえた里山の四季を紹介しています。

  • 悠久の大地の物語
    福良の浜の夫婦岩
     吉澤 康暢

    北陸各地にある景勝地や名勝地には、その独特の地形に大地の生い立ちの様子を今に伝える痕跡がたくさん残されています。印象深いこれらの風景が誕生した不思議に思いを馳せながらの名所案内を毎号掲載しています。

  • 自然人に会う 
    昔話を未来へ語り継ぐ、語りのプロに会う 荒木明日子さん

    毎号、北陸で活躍されている“自然人”を紹介しています。ここで言う“自然人”とは、北陸の自然や風土を愛し、地域を元気にするために頑張る老若男女たち。皆さんに勇気と元気を授けてくれる、そんな方々が毎回登場します。

  • レッツ・エコライフ エコ食育 
    風土フードの「りんご」を味わおう

    青海 万里子・椿下 佳子

    その産地のものを旬の時期に食べることを「旬産旬食」と言い、体に良くて地球環境にもやさしく、地域の農業を復興させる効果もあります。毎回、その季節にあった食材と料理を紹介します。

  • 自然人あんぐる
    飛ぶ昆虫の単眼/小幡 英典
    サケ/松田 隆喜
    アカモク/池森 貴彦
    ミズユキノシタ/川住 清貴
    漏斗雲/村井 昭夫
    星明り・雪の五箇山/中川 達夫
  • NATURE-HUNT
    オイズル山考
    栂 典雅
  • 巨樹をめぐる
    福井県三方上中群若狭町エリア
    石川県巨樹の会
  • 山川草木に、ふと
    赤花 俊太郎
  • 奇想天外! 身近な自然
    びょぃ~んと長くのびるハッタミミズ
  • 『工芸』という宇宙。は続く
    日本伝統工芸展にエールを送ろうの巻
    山崎 達文
  • ○○で考えた。
    城跡で・能登の里山で・雄島で
  • ちょっと軽井沢へ ~ピッキオで自然と遊ぶ~
    クマとの共存に活躍するベアドッグ
  • 暮らしの逸品
  • 安い・新鮮・安心の直売所へ行こう!
  • 編集部が選ぶこの一枚
  • 読者と自然人をつなぐページ We Love 自然人
  • 2015年12月~2016年2月 冬
    おすすめ おでかけ情報

注文する

「自然人」第47号 【冬】
定価760円(税込) 2015年12月1日発行

最新号が買える書店

「自然人」最新号は、石川・富山・福井の主な書店で発売しています。
ご注文・お取り寄せなら全国の書店で可能です。

ページの先頭へ

自然人Facebook