ホーム > 雑誌・書籍 > 自然人 > 第21号

自然人 第21号

「自然人」第21号 【夏】 2009年6月1日発行 【特集】富山・石川・福井「夏の小旅行」 定価761円(税込)

※上画像内の定価は消費税率5%当時のもので、現在は定価761円となります。

注文する

ご近所で過ごす夏の愉悦

北陸にはたくさんの見どころがあります。
遠出をして夏を満喫するのもいいですが、近場で自然人ならではのこだわりの小さな旅に出かけてみませんか?
今まで知らなかった新たな魅力に出会えるかもしれません。

  • おわらと化石 八尾のもつ二つの顔に迫る旅
  • 森と人とのかかわり 鶴来界隈で自然を学ぶ
  • 心まで潤す清水を味わう 越前市湧水めぐり
  • 夏の野鳥に会いに、河北潟へ
  • 地球と宇宙とそして過去がつながる風景を見に、馬場島へ
  • 初夏の花を求めて、越前海岸へ
  • 自然人的文学の小窓 西本陽子

表紙撮影/小幡英典(撮影地:河北潟)

  • ブナ・いのちの大地 森 勝彦・森 千幸

    四季折々に力強く美しい表情を見せるブナと、その周囲でつむがれる“いのち”の物語を、ライチョウ写真で知られる写真家・森勝彦さんが毎号撮りおろします。短歌は、歌人である奥様の千幸<ちゆき>さんによるものです。

  • 悠久の大地の物語 翠ヶ池 吉澤康暢

    北陸各地にある景勝地や名勝地には、その独特の地形に大地の生い立ちの様子を今に伝える痕跡がたくさん残されています。印象深いこれらの風景が誕生した不思議に思いを馳せながらの名所案内を毎号掲載しています。

  • 生活の中の動物園 清水誠とマッチラベル編
    本谷文雄

    ふと見渡せば、周囲にはたくさんの動物がいます。例えば建物やそれに付属する看板、切手やマンホールなど。『生活の中の動物園』はそんな動物たちを著者の視点とさまざまな角度で取り上げて紹介します。

  • 自然人に会う 生き物が、子どもたちが帰ってくる。そんな田んぼを作る人に会う
    大下恭弘さん

    毎号、北陸で活躍されている“自然人”を紹介しています。ここで言う“自然人”とは、北陸の自然や風土を愛し、地域を元気にするために頑張る老若男女たち。皆さんに勇気と元気を授けてくれる、そんな方々が毎回登場します。

  • レッツ・エコライフ エコ食育 
    旬産旬食で「すいかの皮」を味わおう

    青海万里子

    その産地のものを旬の時期に食べることを「旬産旬食」と言い、体に良くて地球環境にもやさしく、地域の農業を復興させる効果もあります。毎回、その季節にあった食材と料理を紹介します。

  • 「工芸」という宇宙
    稲藁との対話/山崎達文
  • 奇想天外!身近な自然
    南方からの生き証人/保科英人
  • 森の學び舎
    森の木の実からつくるロウソクづくり/加藤春喜
  • 北陸の自然遺産
    森に棲むホタル・ヒメボタル/加藤明宏
  • 新連載 コラム・くらし・しぜん
    志功のガーデニング/奥野達夫・菊池文宏
  • ぐるっと白山 見晴らしハイク
    人形山・大滝山(富山県)/栂 典雅
  • 自然人あんぐる
    コノハズク/松木鴻諮・積雲/村井昭夫・ヤマドリタケモドキ/赤石大輔
  • 自然人編集部が選ぶこの一枚
  • 暮らしの中でハーブを楽しもう
    ハーブビネガーで体の中からきれいに/鯉野叔子
  • 遠くに漁火が見える 藤の咲くころ/佐藤敬太
  • 山川草木と共に 赤い鈴旗/佐伯史麿
  • 2009年6月~8月 夏
    おすすめ おでかけ情報
  • おでかけ地図&旬フォトギャラリー
  • 楽しい仲間 サークル情報
  • 読者交流広場 We Love 自然人

注文する

「自然人」第21号 【夏】
定価740円(税込) 2009年6月1日発行

自然人 北陸-人と自然の見聞録とは

『自然人』は肩ひじはらずに、これからの人生を楽しむための雑誌として、北陸に住まう人に役立つネイチャー&ナチュラルな情報を提供しています。知的好奇心をくすぐる自然や環境の話、自然とともに暮らす体験談、さらに思い立ったらすぐに行動できる身近なお出かけ情報など、北陸を楽しむ上質な話題をお届けします。

ページの先頭へ

自然人Facebook