ホーム > 雑誌・書籍 > 自然人 > 第8号

自然人 第8号

自然人 第8号 2006年3月1日発売 特集 可憐な花々に出逢える 春山散歩 定価761円(税込)

※上画像内の定価は消費税率5%当時のもので、現在は定価761円となります。

注文する

可憐な花々に出逢える 春山散歩

まず咲く花から名づけられたのが「マンサク」。この花が咲くと、いよいよ待ちに待った春山シーズンの到来です。さくらが咲く頃、山ではカタクリがいっせいに花開き、さらにさまざまな可憐な花たちが登山道を彩りはじめます。

  • 春山はルンルン 岩崎元郎
  • 春の花、ところ変われば  林 正一
  • 富山県の山
    泉治夫 富山県ナチュラリスト協会  縄ヶ池と高落場山、二上山、夫婦山、牛嶽
  • 石川県の山
    舟田節子 金沢ナカオ山岳会 鞍掛山、蟹ノ目山、奥獅子吼山、猿山、国見山、おまえ山、大山
  • 福井県の山
    宮本数男 日本山岳会福井支部 取立山、文殊山、頭巾山、六所山、高尾山、赤坂山、冠岳
  • 巨大な枕状の岩塊が集積する -ふくべの大滝- 悠久の大地の物語 
    吉澤康暢 福井市自然史博物館館長

    滝の両側に広がる不思議な模様の岩壁。これから約6200万年前、ここで高温の大規模火砕流が何度も発生し、その一部が深い水域に流れ込んでできたのではないかと推察できます。

  • 雪形 北陸の自然遺産 神田健三 中谷宇吉郎雪の科学館館長

    雪解けとともに山肌に現れる雪形は、農作業を開始する目安などにされ、雪国の人々に親しまれてきました。近年、「中谷宇吉郎雪の科学館」の調査によって、まさに忘れ去られる直前となっていた白山の伝承雪形の存在が明かになっています。

  • 工芸」という宇宙。 綺麗さや愛しさを素直に感じる赤絵の器/山崎達文
  • 奇想天外!身近な自然  冬の海岸にもきのこが!/橋屋 誠
  • 雷鳥物語/森 勝彦
  • 生活の中の動物園 涅槃図編/本谷文雄
  • 大いなる自然、母なる川  手取川の両生・は虫類/宮崎光二
  • チューリップのルーツを訪ねて
    冨山稔 ぐるっと白山 見晴らしハイク 越知山  栂 典雅
  • 森の學び舎 ロハスと自然学校/稲本 正
  • ニッポン 真ん中まち歩き 津幡の気になる木
  • くらしの拡大鏡  宝石製の包丁/奥野達夫
  • 食いしん坊が行く 精進料理 福井市大安禅寺/西田一彦
  • 大人の遠足  「関」の町で寺社めぐり  石川県小松市
  • レッツ・エコライフ  「モザイク植木鉢」をつくろう/青海万里子
  • 暮らしの中でハーブを楽しもう  コモンタイム/鯉野叔子
  • 注目のキーワード  エコツーリズム 姥浦千重さん
  • 遠くに漁火が見える  老人と海/佐藤敬太
  • 山川草木と共に  “宝物”との出逢い騒動記/佐伯史麿
  • フィールド掲示板 2006年3月~2006年5月 春 おすすめ おでかけ情報
  • 読者交流広場 We Love 自然人
  • 自然人に会う この澄んだ流れに映るものは。
    治左川とトミヨを守る会 会長 石本義勝さん

注文する

「自然人」第8号 【春】
定価740円(税込) 2006年3月1日発行

自然人 北陸-人と自然の見聞録とは

『自然人』は肩ひじはらずに、これからの人生を楽しむための雑誌として、北陸に住まう人に役立つネイチャー&ナチュラルな情報を提供しています。知的好奇心をくすぐる自然や環境の話、自然とともに暮らす体験談、さらに思い立ったらすぐに行動できる身近なお出かけ情報など、北陸を楽しむ上質な話題をお届けします。

ページの先頭へ

自然人Facebook