ホーム > 雑誌・書籍 > 自然人 > 第6号

自然人 第6号

自然人 第6号 2006年9月1日発売 特集 うまい野菜見つけた!!北陸の地野菜 定価761円(税込)

※上画像内の定価は消費税率5%当時のもので、現在は定価761円となります。

注文する

うまい野菜見つけた!! 北陸の地野菜


金時草の収穫風景(撮影/湯浅啓)

北陸ではスーパーへ行くと、地元産の珍しいナスやキュウリとかが普通に売られていますよね。

でも実はこれ、全国から見れば珍しい話だそうです。

そんな野菜のことをもっと知って、もっと楽しみ、そして大切に伝承していきたいと、北陸に根付く野菜(地野菜)を特集します。

  • 橋地野菜のすすめ 榎本俊樹 石川県立大学教授
  • 北陸の地野菜図鑑
    石川編 「加賀れんこん」ほか
    福井編 「大野里芋」ほか
    富山編 「どっこ胡瓜」ほか
  • 野菜という“文化遺産”を後世に継承する 松下良さん
  • カブが教えてくれる伝統野菜の醍醐味 
    玉井道敏 ふくいの伝統野菜・るるぶ
  • 自然人探検記「農産物直売所をめぐるの巻」 
    栄養満点、朝とれ野菜にあいに行く。
  • 直売所への視線が今、熱い! 一度行ったら、野菜通。
  • 第二特集 方言からみるキノコ 
    北陸のキノコ 池田良幸/北陸きのこ方言名図鑑 栂 典雅

    北陸地方は、キノコを「コケ」「モタセ」「ミミ」など独特の方言で呼ぶ特異な地域です。こうした方言はなぜ生まれたのかを探るとともに、キノコ狩りで親しまれる食菌が北陸ではどんな方言で呼ばれているのかを図鑑形式で紹介します。

  • 新連載 悠久の大地の物語 越前松島 
    美しい柱状節理の野外博物館 吉澤康暢 福井市自然史博物館館長
  • 山と人とが生きる場所 自然人と会う 
    石川県小松市狐里庵店主 安本日奈子さん

    山あいの町の素朴で小さな料理店。まったくの素人だった女性が始めたその店はやがて、ここにしかない自然と料理と人のつながりを求めて日本各地から人が集まる店になっていました。

  • 新連載 「工芸」という宇宙。
  • ホンモノへの探究心が小さな宇宙を蘇らせた。/山崎達文
  • ぐるっと白山 見晴らしハイク 高賀山・瓢ヶ岳/栂 典雅
  • 生活の中の動物園   普通切手編/本谷文雄
  • 大いなる自然、母なる川 手取川の魚/佐野 修 いしかわ動物園
  • 雷鳥物語/森勝彦
  • 森の學び舎 森が教えてくれること C.W.ニコル×稲本正
  • 奇想天外!身近な自然  シロチドリの智恵/本間勝美
  • レッツ・エコライフ  「柿渋一貫張り」をつくろう/青海万里子
  • くらしの拡大鏡  クモの生活/奥野達夫
  • 食いしん坊が行く  白山 堅とうふ・野草茶/西田一彦
  • 大人の遠足 素敵な「デベソ的公園」がある町 福井県鯖江市
  • 新連載 山川草木と共に  日本の神さま仏さまは「自然さま」
    佐伯史麿 雄山神社権禰宜
  • 遠くに漁火が見える しょうふく/佐藤敬太
  • 暮らしの中でハーブを楽しもう  セージ/鯉野叔子
  • フィールド掲示板 2005年9月~2005年11月 秋 おすすめ おでかけ情報
  • 読者交流広場 We Love 自然人

注文する

「自然人」第6号 【秋】
定価740円(税込) 2006年9月1日発行

自然人 北陸-人と自然の見聞録とは

『自然人』は肩ひじはらずに、これからの人生を楽しむための雑誌として、北陸に住まう人に役立つネイチャー&ナチュラルな情報を提供しています。知的好奇心をくすぐる自然や環境の話、自然とともに暮らす体験談、さらに思い立ったらすぐに行動できる身近なお出かけ情報など、北陸を楽しむ上質な話題をお届けします。

ページの先頭へ

自然人Facebook