ホーム > ライフ > 旬産旬食「よもぎ」を味わおう

おいしい「よもぎ」レシピ

環境カウンセラー/青海万里子 (料理案)金沢エコライフくらぶ/椿下佳子

よもぎ菜飯

材料 よもぎ(葉先の柔らかい部分だけ摘む)
自然塩
食用重曹

鍋、 ボール、ざる、しゃもじ、炊飯器、ふきん、包丁、まな板、菜ばし

摘んだよもぎは、ごみを取り除いてたっぷりの湯に塩を入れてさっと茹でる。葉が硬い場合は重曹を一つまみ加える。茹でたよもぎは水に晒してから水気を軽く絞る。

茹でたよもぎをまな板に乗せ、塩をまぶして揉んでから水気を絞る。これを2~3回繰り返す。

包丁でよもぎの繊維を切るように細かく刻む。

炊き上がったらしゃもじで上下を返し、ふきんをかけてしばらく蒸らす。

刻んだよもぎを加えてさっくりと混ぜる。
 

よもぎ団子

材料 よもぎ(葉先の柔らかい部分だけ摘む)
自然塩
だんご粉(もち米とうるち米を合わせた米粉)200g
熱湯190cc
小豆餡
きな粉
三温糖
鍋、ボール、ざる、しゃもじ、菜ばし、すり鉢、すりこぎ

茹で方、塩揉みは菜飯1.2.と同様。

包丁でよもぎの繊維を切るように細かく刻む。すり鉢で擂ると滑らかになる。

粉に同量よりやや少なめの湯を入れ、しゃもじでかき混ぜる。耳たぶほどの固さになるよう湯を足してよく練り、小さめにまるめて茹でる。

団子が湯の表面に浮かんだら取り出し、すり鉢に入れてすりこぎでつき、よもぎを加えてよくつき混ぜる。冷めて固くなったら電子レンジで温めるとつきやすい。

手に水をつけてまるめ、小豆餡、三温糖と塩少々を混ぜたきな粉などを添える。
 

ページの先頭へ

自然人Facebook