ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の食肉 > 氷見牛

氷見牛ひみぎゅう

地域:富山県

 氷見市は富山県内最大の肉牛の産地である。昭和初期に数軒の農家が、兵庫県但馬より雌牛を導入、改良を加え「氷見牛」と呼ばれるブランド牛に育てあげてきた。近年では近畿ブロックの品評会で1、2を競うほどの黒毛和牛として安定出荷されている。
 現在、氷見牛は10数軒の農家で1300頭あまりが飼育されている。山間地からわき出る清水と、各農家自家生産の優良な飼料をバランスよく与える肥育技術、厳しい衛生管理と適正な飼育環境によって、愛情たっぷりに育てられている。
 氷見牛は、霜降りの度合い(脂肪交雑)がすばらしく、肉質・鮮度ともに優れている。専門的には「品質等級がB3以上、BMS(脂肪交雑)3以上」であり、品質等級A5という最高級肉の生産率も高い。焼き肉、しゃぶしゃぶ、ステーキはもちろん、新鮮な氷見牛ならではの刺身は絶品。最近では氷見牛を使った贅沢なコロッケも登場。氷見市内では、自家牧場をもつ氷見牛専門店、氷見牛がメインのステーキハウスのほか、旅館・民宿では、予約注文をしておけば氷見牛を食べることができる。

氷見牛が旬の時期

通年。

お問い合わせ

JA氷見市 0766-74-8822 

この食が体験できるお店

氷見牛を購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook