ホーム > おでかけガイド > 空と仲良くなれる場所へ~北陸のおすすめスポット > 福井県のおすすめスポット

福井県のおすすめスポット~空と仲良くなれる場所

タカ渡る空 刈安山展望台

柳町邦光写真と文 ◎日本野鳥の会福井県支部長

 野辺のヒガンバナが咲き揃うと、里山の林道へよく出かけます。日本で新しい命を育てたタカたちが南へ渡る季節になり、晴れた大空を滑るように飛ぶ姿に会いたくて……。渡りをするタカの代表種、サシバやハチクマは里山でわき立つ上昇気流に乗って、野山を越えて岬で一休みしてから意を決して大海原へと飛び出します。

 刈安山は彼らに出会える最適の場所です。展望台からは遠く霊峰白山まで望め、その山波を背景に飛んでくる彼らを待ち受けます。米粒のような点が頭上近くでは鷹斑模様から顔まで見えて、彼らの種を同定するのも束の間、福井平野の彼方へ消えていきます。風になびくススキの穂、枝先に止まるアキアカネ、空に浮かぶアサギマダラも、みな静かな里の秋の一コマです。

大空を舞うサシバ。タカ渡りは9月中旬から10月中旬頃見られる 刈安山展望台
住所 あわら市清滝
アクセス 北陸自動車道金津ICから車で約40分

刈安山展望台より白山を望む

刈安山から

若狭の空中庭園 梅丈岳山頂公園

柏木伸之写真と文 ◎国立若狭湾青少年自然の家

 五色に輝く三方五湖を眼下に眺める観光道路レインボーライン。そのレインボーラインの頂上にあるのが梅丈岳山頂公園です。公園へは山頂駐車場からリフト・ケーブルカーで登ります。

 リフトを降りて公園に到着するとそこはまさに空中庭園です。山頂のため360度周囲を見渡せ、若狭湾、三方五湖を一望できます。手に届きそうな青い空、近くに見える白い雲を感じながら、心地よいさわやかな空間を満喫できます。

 公園はとても美しく整備されていて、恋人たちが互いの愛を誓って鍵をかける「誓いの鍵」、願いを込めてかわらけを投げる「かわらけ投げ」などといったアトラクションも充実しています。山頂で販売されている「ラベンダーソフト」も絶品で、それを食べながら空を感じることもまた最高の一時を味わえます。

五木の園からの風景

恋人の聖地

住所 三方郡三方町気山
アクセス 北陸自動車道金津ICから車で約40分
営業時間 1月~4月・10~12月は8時~18時、5月・6月・7月1日~20日・9月は7時~19時、7月21日~8月3日は16時~20時

三方五湖

夕焼け小焼け 和田海岸

吉田俊雄写真と文 ◎若狭のカメラマン

 私は単身赴任で、福井県大飯郡高浜町に勤務していた関係で、高浜町和田海岸の夕空や、周囲の風景の写真を撮影しました。

 皆様は「夕焼け、小焼け」という言葉を、三木露風の「赤とんぼ」などの歌でご存知だと思います。

 「夕焼け」は日没後西の空が、ばら色から茜色に色づくことを言いますね。「小焼け」とはどのようなことなのでしょうか。

 西の方角(中国・四国や九州地方)に雲がない気象状況の時に、日没後10分から15分後に、もう一度西の空が明るくなることを「小焼け」といいます。それは遠く西に沈んだ太陽が、日没後私達の頭上にある雲の下側を照らすために、明るくなると考えられています。

 ここに和田海岸で同じ日の「夕焼け」の写真と、「小焼け」の写真をご紹介します。

 この海岸は砂浜が美しく、向かいに「若狭富士」といわれている「青葉山」が眺められ、周囲に視界を妨げるものが無いので、大きな「空」を楽しむことができるところです。

 秋の晴天の夕方に行かれると、きっと感動的な「夕焼け・小焼け」に出会えることでしょう。

空をほのかに彩る小焼け 和田海岸の夕焼け
住所 大飯郡高浜町和田
アクセス JR若狭和田駅から徒歩13分

※記載されている情報は2008年9月1日現在のものです

おすすめ商品

ページの先頭へ

自然人Facebook