ホーム > おでかけガイド > 北陸の日帰り温泉ガイド > 富山県の温泉 > 福光温泉

疲れも吹き飛ぶ 富山県の日帰り温泉ガイド

福光温泉

泉質 ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉(弱アルカリ低張性低温泉)
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
入浴料 大人500円 小学生200円 小学生未満無料 ※回数券あり
営業時間 10:00~15:45
休館日 なし
近くの観光地 桜ヶ池、南砺市桜ヶ池公園
住所 富山県南砺市綱掛66
お問い合わせ 0763(55)1136 ホームページ

Dr.若井の温泉レビュー ※記載内容は取材時のものです。

縁側で日向ぼっこしているような気分

 先日、袴腰山に登った帰りに、寄ったのが「福光温泉」。
 名前は福光と付きますが、福光の中心街からはかなり離れた、城端に近い山間部にあります。

 さて、旧福光町はイマイチ知られていませんが、実は温泉の宝庫なんです。
 以前、日帰り温泉の「ぬく森の郷」を紹介していますが、それ以外にも、華山温泉、川合田温泉、アローザ温泉、法林寺温泉、高窪温泉、湯谷温泉などの温泉があります。どれも山間の一軒宿で、リゾートから素朴な湯治向けの宿まで対象は幅広いです。

 今回訪れた福光温泉は、外観は一時代前のヘルスセンターのようですが、館内はごく一般的な公共の宿の趣き。この宿のホームページを見ると館内はゴージャスなムードで、モデルの女性の化粧や髪形にバブル時代を感じさせられますが、これらはちょっと前のものらしく、今はすっかり長閑な佇まいに変わっています。

 浴室には露天風呂などはなく、いたってシンプル。後付けらしいサウナがあって、カルストーンサウナという壁に軽石が貼った珍しいもの。そのせいかどうか、よく温まりました。

 また、浴槽の上半分がガラス張りの温室のようになっており、日が差し込むと日向ぼっこをしながら湯に浸かれます。里山の風景を眺めながら、のほほんと過ごすひと時は格別でした。

 泉質はナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉で無色透明でクセのないお湯。湯船には超微粒子の泡を発生装置が鎮座し、ボタンを押すとうなりをあげて稼動します。この機械は最近流行っているのでしょうか? たまに見かけますけど、個人的にはあの音さえなければと思っちゃいます。

 脱衣所にはミネラルウォーターの給水器が置かれてあり、湯上がりにおいしい水をがぶ飲みできるのはとてもうれしい。

 特筆すべきことは特にありません。けれど、気持ちのいい温泉でした。こんな長閑な気分にさせてくれるところはなかなかありませんね。今度は冬の貴重な晴れ間に、日向ぼっこもかねて訪れてみたいと思っています。

(2009年10月 若井)

※情報内容は変更されることがありますので、おでかけの前にご確認ください。

おすすめ商品

ページの先頭へ

自然人Facebook