ホーム > おでかけガイド > 北陸の日帰り温泉ガイド > 石川県の温泉 > 白山杉の子温泉

疲れも吹き飛ぶ 石川県の日帰り温泉ガイド

白山杉の子温泉

泉質 アルカリ性単純温泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき など
入浴料 大人420円 小学生200円
営業時間 9:30~20:00 土日祝9:00~20:00
休館日 なし
近くの観光地 手取峡谷、吉野工芸の里
住所 石川県白山市佐良タ121
お問い合わせ 076(255)5873 ホームページ

Dr.若井の温泉レビュー ※記載内容は取材時のものです。

 私の家から、鳥越、河内、尾口、吉野谷、白峰といった白山麓の村〈市町村合併前)の温泉へは車で20~50分くらいで到着します。そのため、この辺りのどっかの温泉で仕事の疲れを癒すことが週末の楽しみでもあります。そんな地理的条件からこのエリアのほとんどの温泉に入りましたが、そんな私がお湯の良さで選ぶとしたら、ベスト・スリーは「女原温泉」(旧尾口村)、「白峰温泉」(旧白峰村)、「杉の子温泉」(旧吉野谷村)でしょう(「白山温泉永井旅館」(白峰村)、「中宮温泉」、「新岩間温泉」も捨てがたいのですが、冬期は休業)。

 

 そのひとつ、「白山杉の子温泉」を紹介しましょう。

 

 ここは何か工場みたいな建物で、しかも浴室は狭く(浴槽は桧ですけど)、その点はお世辞にも満足とは言えませんが、とにかくお湯の質がいいんですね。

 今どき、沸かしなし、循環なしという、まさに天然温泉は身体の芯から温まり、疲れやこりも解消してくれます。

 

 洗い場には源泉が出る蛇口もあり、「これで頭を洗うとリンスが要らないし、一週間頭を洗わなくてもフケが出ない」と常連のおばちゃんが言っておりました。真偽は定かではありませんが、何か頭皮に良さそうな気がして、お湯をかけながら頭皮のマッサージに励んでおります。

 

※その後、施設をリニューアルし、湯船も大きくなりました。足湯や食事処、産直コーナーなど設備が充実しています。でも、相変わらず工場の一角のような味わいはそのままです(笑)。

(若井)

※情報内容は変更されることがありますので、おでかけの前にご確認ください。

おすすめ商品

ページの先頭へ

自然人Facebook