ホーム > イベント情報 > 植物画のための植物観察

植物画のための植物観察

2019年05月25日[土] 

植物画(ボタニカル・アート)は植物学と密接な関係にある植物の絵で、科学的に正確に描かれ、絵によってその植物の特徴を知ることができることが求められます。そのことが、単なる植物の写生画と異なって、植物画(ボタニカル・アート)と呼ぶ所以となっています。
本講座では、植物画に求められる「科学的な正確さや特徴を描く」ということはどういうことか、また、正確に描くためにはどのような観察をしたらよいのかということに重点を置いた植物観察をします。植物の巧妙な形や構造を学び、植物画を描くための助けとしていただいたら幸いです。

開催日 2019年05月25日[土]  
開催時間 09時30分~12時30分
開催場所 石川県立自然史資料館
主催 金澤植物図研究会
対象 高校生以上ならどなたでも
定員 15名
参加費 初回は1000円、2回目以降は500円
申し込み 不要
お問い合わせ 梅林正芳 または 自然史資料館 担当 髙内
〒920-1147   石川県 金沢市 銚子町リ441
TEL:076-229-3435    FAX:076-229-3460
備考、注意事項 参加者は、鉛筆(2H,HB,シャープペンシルでも可)、消しゴム、練けし、ケント紙(A4)を持参してください。

ページの先頭へ