ホーム > イベント情報 > 椿絵名品展「つばき咲く」―光琳、大観、夢二など―

椿絵名品展「つばき咲く」―光琳、大観、夢二など―

2018年10月26日[金] ~12月09日[日] 


椿は、琳派の画家や文人画家をはじめ現代にいたるまで多くの作家によって描かれ、主要なモチーフとなっています。四季を問わず緑をたたえ鮮やかな花をもつ常緑樹である椿は、古くから日本において親しまれてきました。
本展では、椿絵のコレクションで知られるあいおいニッセイ同和損害保険の収蔵作品から、近世から現代までの日本画、洋画、工芸における椿絵の名品約90点を展示します。同コレクションは、同社の母体の一つである大東京火災海上保険の創業者・反町茂作が、椿のように若々しく力強い会社でありたいと願い、椿を社のシンボルフラワーとしたことから形成されました。尾形光琳、横山大観、竹久夢二、岸田劉生、北大路魯山人など、日本美術史上に名を残した作家たちがつくりあげた、様々な椿の姿をお楽しみください。

アクセスマップ

開催日 2018年10月26日[金] ~12月09日[日]  
開催時間 09時30分~17時00分   ( 月曜休館 入場は16時30分まで )
主催 高岡市美術館
対象 どなたでも
参加費  
申し込み 不要
お問い合わせ 高岡市美術館
〒933-0056   富山県 高岡市 中川1丁目1番30号
TEL:0766-20-1177    FAX:0766-20-1178
e-Mail info@e-tam.info
URL http://www.e-tam.info/

ページの先頭へ